お知らせNEWS

変化するB to B : 新機能「オンライン見積機能」をリリース!

2020/12/08

mitsumoriロゴ

ヴィビットは、vibit CMS Neoの新機能として「オンライン見積機能」をリリースしました。

これまで多くのメーカー様でvibit CMS Neo「コンテンツDB機能」を活用した製品データベースを構築いただき、複雑な製品群をよりわかりやすく訴求することにお役立ていただいてきましたが、DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中、対面営業が主流であったB to Bにおいても、滞りなく営業プロセスを先に進める、またオンラインで完結できる仕組みが求められ始めました。

従来は成約に至るまで時間がかかりましたが、オンライン営業が浸透すれば企業と顧客の双方で工数を削減でき、さらに踏み込んだフォローを展開できることになります。

この度リリースしました「オンライン見積機能」は、「コンテンツDB機能」で管理する製品・サービス情報をWebサイト上で顧客に選んでもらい、それに関するオプション製品やサービス等を選択していくと見積が完成するというもの。営業担当に逐一依頼する必要がなく、顧客自身が好きなタイミングで見積を作成でき、繰り返しシミュレーションすることも可能になります。

整理された製品サービス情報と取引先・販売店に届けたいタイムリーな情報をWebサイトで確認し、さらに見積まで作成できる利便性が、対面営業で培ってきた信頼関係をより強固なものにすることが期待できます。

また、vibit CMS Neo 「コンテンツDB機能」と「オンライン見積機能」に加えて、Web会員DB管理システム「vibit User DB」を活用いただくと、B to Bにおける会員(取引先・販売店・メンバー等)の管理や属性ごとのメルマガ配信でターゲットにメール送信ができる一方、会員はログインして会員属性に応じたページを閲覧できたり、マイページ機能で登録情報を確認変更できるほか、取引履歴やオンライン見積を保存したりすることも可能となります。
(*ご要件により柔軟にカスタマイズ開発可能です)

ヴィビットは、これからの時代の “信頼されるB to Bサイト” として、vibit CMS Neo 「コンテンツDB機能」+「オンライン見積機能」、そして「vibit User DB」の活用をご提案いたします。